令和三年一月 珠はな供養祭のご報告

1月21日午後3時より、本年最初の「珠はな供養祭」が執り行われました。 「珠はな供養祭」とは、当霊園ですでにお祀りしている故人様と、新たにご遺骨を納める故人様の魂のご冥福をお祈りするための合同供養祭のことです。 今月も住職にお越しいただいて、法要殿と供養堂の前で、ここ未来樹の丘に眠る全ての魂をご供養して頂きました。


令和3年1月の珠はな供養祭

令和3年1月の珠はな供養祭

年明けの強烈な寒波もすっかりおさまり、近ごろは日中10度を越える暖かい日が続きます。 せっかくの陽気ですが、熊本県では県独自の緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛が求められています。 皆さまの安全をお祈りするとともに、一日も早くこの事態が終息するよう心より願っております。 お越しになる方に対しては万全の感染対策を徹底し、お参りに来ることができないご利用者様のために心を込めて日々ご供養して参りますのでよろしくお願いいたします。