【お悩み解決!】お手元供養から公園型樹木葬墓地へ

12月に入り、今年も残りひと月を切りました。年の瀬は何かと忙しいと思いますが、家族が集まる年末年始は、大切なことを話し合う絶好の機会です。


供養のこと、お墓のこと、墓じまいのこと・・・話題にしにくいテーマですが、決めておかないと、いざという時に困ることが多いのも事実です。


何かお悩みがございましたら、お気軽に未来樹の丘までご連絡ください。全力でサポートいたします!

 

さて、近ごろ思うのは、「ご家族の数だけ事情があって、お墓に関するお悩みも様々」ということです。

今回は、そんなお客さまのお悩みと、実際に行った解決方法をひとつご紹介したいと思います。



阿蘇市にお住まいのS様というお客様から、こんなご相談が寄せられました。


【S様のご相談】


50年以上手元に保管してきたお骨を、この度未来樹の丘に納骨したいと思っています。

ただ、亡くなってから相当の年月が経っているので、火葬許可証は紛失してしまっています。どうにかならないでしょうか?



S様のお話からは、

ご自身で大切にして保管されてきたご遺骨だけれど、子どもたちの代まで面倒をかけるわけにはいかない。

そんな強い思いが感じられました。


それゆえ、お力になりたいという思いで、すぐに火葬許可証を紛失した場合の納骨方法を調べてみました。


 

火葬許可証とは、自治体で発行される、ご遺体を火葬するための許可証です。

火葬が終わった際、火葬許可証には火葬執行済の印が押されます。


この執行済の印が押された火葬許可証、実はご遺骨をお墓に納める際に必要になる、非常に重要な書類なんです。


お墓に関する取り決めをまとめた、「墓地、埋葬等に関する法律」では、

「埋葬許可証(土葬するための許可証)、火葬許可証または改葬許可証(ご遺骨の場所を移すための許可証)」を受理した後でなければ、墓地の管理者はお墓に遺骨を納めることができない。とされています。


法律に準じた納骨を行うためにも、必ずご遺骨と一緒に保管しなければならない書類なんですね。